×

三段峡紅葉狩り・後編

三段峡紅葉狩り・後編 はコメントを受け付けていません。

三段峡紅葉狩り・後編

Danny
2-1こんにちは。ダニーです。前回の続きです。
続いて水梨口へ移動します。
猿飛の絶壁を見てみたかったのです。
令和元年の営業は終了されていますが、猿飛は平日も営業されていました。
一方、黒滝は週末のみの場合もあるようなので、事前に確認されていくことをお勧めします。

Facebookページもあり、頻繁に紅葉情報を更新してくださっていたので、状況が分かりやすく、ありがたかったです。

水梨口は、三段峡の正面口よりも更に奥になります。
正面口を過ぎて、しばらく進み、細い道に入るのですが・・・・
この道が・・・・怖い!とっても怖い!
山道なのでくねくねした道が続きますが、先を見通しにくいので、ゆっくりと走っていても、急に車と出くわす・・・なんてことも。
加えて、行き違いができる幅がある場所が限られているので、どちらかがバックする必要が出てくる可能性があります。
ダニーは平日の午前に行ったので、帰路の車には1台すれ違っただけでしたが、これが繁忙期だとどれくらいの車がこの道を通るのか
考えるだけでも怖くなりました。
 
2-2紅葉の盛りに行かれる方は、三段峡の正面口に駐車されて、シャトルバスで移動が良さそうです!
でもこのシャトルバスも便が多くはないので・・・・そこから逆算して発着時間までに到着するよう歩くのはなかなか大変・・・・
覚悟を決めて、全ての道を歩くのが一番なのかもしれませんね☆
 
さて、水梨口からの道程の話に戻りましょう。
こちらの道、1.7kmで所要は約30分となっています。
・・・・が、道はきれいに舗装されている場所が大半とはいえ、アップダウンがあるので30分では歩けない印象です。
ダニーは往路は40分程度かかりました。
あれ?まだ?まだ着かない?と思いながら歩くからかもしれません。
 
個人的な体感ですが、水梨口から猿飛までの道の方が、アップダウンが少ない印象でした。
こちらの方が奥になるので、紅葉は先に来ているのですが(ダニーが訪れたときは既に紅葉が終了していました。十分キレイでしたけれど)
この短いコースだけでも、三段峡のエッセンスは十分に満喫できると思います!
 
森とその中の空気と水の近くのマイナスイオンを体中に浴びることができますよ♪
さすが森林セラピーの町!
2-3逆に言うと、黒淵まで行っていれば、猿飛まで行かなくてもよかったのですが、どうしても船を見てみたかったのです。
猿飛の絶壁の岩の間は、黒淵同様船で移動になります。
が、この船が普通の船とはちょっと違い、岩の間に張られているロープを船頭さんが手で伝いながら船を進めます。そして、黒淵よりも岩と岩の間隔が狭く、びっくりします。そうそうこれこれ!これが見たかったーーーー!!
 
猿飛の名前からも予想がつくように、昔はサルが生息していて絶壁の崖の上を飛び交っていたそうです。
今はいないそうですが(残念!)
 
ちなみに朝は10時から営業になっていますが、お客様が来れば船を出してくださるようです。
あまりに早すぎると船頭さんはじめ、受付スタッフの方が到着されておられないので(そこまで早朝に入る方はおられないと思いますが)
9時半過ぎの到着を目指されるのがよさそうでした。
2-4船を乗って5分程度で、二段滝に到着です。
名前がついた当初は二段の滝だったようですが、経年により滝が一段になってしまっています。
でも名前は変えないとおっしゃられていました(笑)
この滝は陸路からのアクセスはできかねますので、見たい方はぜひ船にご乗船くださいね。
このロープを伝って移動する船はなかなかありませんので、必見ですよ!!
お客様が多い時間帯は、下船した後に船は一度乗船場に戻られるようですが、少ない時間帯はその場で待ってくださいます。
簡易な船着き場が作られていますが、石がごろごろして歩きにくいのでお気をつけくださいね。
 
三段滝まで行かれたい方は、来た道を戻り、分岐点で三段滝方面へ進みます。
2-5ここがこの三段峡のクライマックス!!・・・とは知りつつ、幼児と老人の体力の限界で我が家はここでギブアップでした(^^;)
 
来た道も戻り、駐車場へ戻ります。
やはり、こちらの川の方が黒淵へのつながる川よりも繊細に感じました。
ダイナミックさは黒淵優勢です!
因みに水梨口の駐車場は500円/日です。
ここの駐車場はとても狭かったので、運転下手なダニーはヒヤヒヤでした。
さて、これで終了・・・・ではあるのですが、近くの紅葉スポットまで足を延ばしてみることにしました。
筒賀の大銀杏です。
2-6本当に大きい!そして黄色い絨毯がなんてキレイ・・・・!!!
こちらは戸河内インターをバックにすぐに左折して、10分ほど走った場所なので、三段峡に比べるととてもアクセスしやすいです。
木自体が大きいのですぐに分かりますし、駐車場も分かりやすくなっています。
そして無料なのもありがたいですね♪
ひっきりなしに人がくるので、人影が写りこまないタイミングを狙うのが大変ではありますが、とてもキレイな写真が撮れますよ!
三段峡の紅葉とはまた違い、圧倒的な大きさと一面の黄色に見入る場面です。
 
紅葉は市街地と少し離れた場所のスピードが違うので盛りを逃してしまいやすいですよね。
ちょっと早いかな?と思うタイミングで行かれるとよいのかもしれません。
 
気になっていた三段峡と大銀杏の紅葉を一気に楽しめることができて、大満足な一日でした♪
特に三段峡は水の透明度にも感動したので、今度は新緑やその冷たさを心地よいと感じられそうな夏にも再訪してみたい場所です♡
 
広島県山県郡安芸太田町柴木 三段峡正面口

広島県山県郡安芸太田町筒賀

0826-28-1800
***
THE EVERGREEN HOSTEL, Hiroshima JAPAN
Only 5 minutes walk from the world famous “Atomic Bomb Dome”
原爆ドーム徒歩5分のこぢんまりホステル・ゲストハウスです。

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.