×

吉和魅惑の里で水源探索

4-4
吉和魅惑の里で水源探索 はコメントを受け付けていません。

吉和魅惑の里で水源探索

こんにちは。
ダニーです。
***

先日、吉和魅惑の里へ行ってきました。
4-1

ご存知ですか?魅惑の里。広島で広く知られ、小さな人たちの心をがっちりキャッチしている、みろくの里ではないんです。あくまで、魅惑の里。
さて、今回はこちらで、野外料理と太田川源流を探してきました。
***

あの大きな太田川へ流れ込んでいる水はこの山から生まれているようです。
どんな風に湧き出ているんだろう?
こぽこぽと小さい柱がたつような感じなのかな?
ワクワクして出発です。
***

こちらのオートキャンプ場は、1つ1つが独立していて、車も近くに持って行くことができます。
予約必須ですが、5月はあまり混んでいない模様。
急に思い立っても、出かけることができそうです。
***

管理棟で受付をして、先にお支払い、そして鍵(蛇口にさしこみ、回すことで水が出るようになる)をお借りして出発です。
4-2

この日は数家族で行事でしたので、一台の車に荷物を詰め込み、他の人たちは歩いていきました。
独立しているので、お隣の方との境界線を気にする必要はありませんが、奥になればなるほど、管理棟から歩きます。
また、山道なので、結構な坂道です。覚悟して、お進みください!(笑)
4-3

因みに、管理棟周りにはBBQ施設もあります。何よりも近くを流れている川が綺麗で、川遊びをしたいがために、ここでBBQをしても良いかも・・・!と思うほど。
そして水が冷たい!!これは夏は気持ちよいだろうな~。ダニーが遊びたい。
少々距離がある場所ではありますが・・・・夏にまた遊びに来たいと思います。
***

そして、温泉施設もあります。外で遊んで汗をかいた後にすぐに流せることもポイントですね♡
***

そしてありがたいことに、このキャンプ場はゴミを出して帰ることもできます。
管理棟から鍵を預かるときに、可燃ごみ、不燃ごみ、リサイクル、見分けがつかないゴミ・・・と4種のビニール袋をいただき、その中に分別して、さらにゴミ箱に捨てて帰れます。キャンプは経験があまりないダニーでも、ごみ持ち帰りが基本だと思っていましたので、捨てれる場所があるんだ!しかも専用のビニール袋までくれるんだ!!と、驚きでした。今はこういったキャンプ場が増えているんですかね・・・・
***

さて、昼食をとり、次は太田川源流を見に移動します。
4-4

管理棟横の駐車場から、山方面に車を走らせて、登山道入り口のような場所に停めて歩き出します。
意外に距離がありましたので、入口までは車で移動した方がよさそうなのですが・・・・車を停めれる場所が本当に狭いです。2台?頑張って3台いけるかな?程度でした。
***

入口から片道30分程度も歩けば、水が沸いている場所に行きつきます。道はなだらかですので、小さいお子様でも十分歩くことができます。
4-5

ここは広島市水道局の管理の管轄のようで、車が通れる程度の道幅と砂利が敷き詰められている道も多いので、その道を歩く分には普通の靴で良いのですが・・・源流付近はぬかるみが多いため、近くまで行かれたい方は、登山用の靴か長靴が良さそうでした。
一緒に行った方々、次々に足を取られていて大変そうでした(ダニーは基本山に入る時は長靴です)
***

そして楽しみにしていた、源流!
どんな風に水が湧き出しているのかと思っていましたが・・・・

4-6
ここから、じわじわと水がしみだしてきていました。
***

・・・・ここ?
・・・・この泥というか、湿地帯というか、水が沸いているところがハッキリ見えない、ここ? えぇ、正直、少し期待外れでした(^^;)
***

場所によっては、水が勢いよく湧き出している場所もあるのでしょうが、数か所見た場所は全て、じわっと地面から湧き出していて、あまり動きを感じなかったからです。ですが、その細くて小さな水の流れが、次第に大きくなり、いくつもの流れと合流してとうとうとした大きな流れになっていくのは感動でした。
遥か昔に土にしみ込んだ水がこうやって染み出てきてくれて、大きな川になるんだ・・・と、人の小ささと自然の大きさを知るには十分の経験でした。
***

広島は豊な水源があることが、大きな財産ですね。利益優先になって、どこぞの企業に売ってしまわれないことを切に願います。
***

以前、個人的にマツダスタジアムの地下の貯水池を見学に行ったことがありますが、緊急対策とは別に、流れ出た川の水がどのように処理されているのかも知りたくなりました。折りを見て、浄水場なども見学に行けたらなーと思います。
***

吉和魅惑の里
廿日市市吉和 132
0829-77- 2110

余談ですが・・・・太田川源流の管轄は広島市ですが、住所は廿日市なんですよね。どこが境界線なんだろう?
生活必需品だから、県庁所在地が管轄しているとか?

***

THE EVERGREEN HOSTEL, Hiroshima JAPAN
Only 5 minutes walk from the world famous “Atomic Bomb Dome”
原爆ドーム徒歩5分のホステルです♬おかげさまで2019年6月で3周年!

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.