×

とびしま海道・中編

image (24)
とびしま海道・中編 はコメントを受け付けていません。

とびしま海道・中編

お店を後にしたと、灯篭付近を散策したり
周辺にお住まいであろう、マリンダンディーなおじさまが、船に乗って出かける様を見たり、お天気も良かったので
潮風に吹かれて、気持ちの良い時間を過ごすことができました。
次は相方さんが気になっていた、みかん詰め放題の場所へ。
山清青果
でもみかんて、あたりはずれあるしな・・・
これ甘いかな・・・なんて少し躊躇していると、味見してみて決めてね、と言ってくださるお店の方。
ダニーの迷いが顔に出ていたのでしょう(笑)
ありがたく試食させていただき、甘さを確認してから詰めさせていただきました。
そしてやり始めると、ダニーの貧乏性に火がついて、つぶさない程度にむぎゅむぎゅと押し込み、結構な数を頂戴することができました。
食べれるかな・・・と心配しましたが、意外や意外、きちんと2週間程度できちんと食べきることができました。
とびしま海道を通ってきた観光客が島で買い物もしくは食事をすると、帰路の橋通行券をいただけます。
正確には、引換券をもらい、引換所(みかんを購入した場所でも引き換えてくださいました)で交換する必要があります。
これがあれば帰路はただで通行できます。
引換券だけではだめで、ちゃんと交換していないと認めてもらえないようです(そういった案内看板を見かけました)
前途した未だに有人でやっている料金所は、島でお金を落とした人に対してのサービスをできるように・・・の気持ちからなのかな・・・と思いました。
さて、じゃあそろそろ戻るか・・・と思っていると、相方さんが更に先の岡村島へ進みたい、と。
なんでわざわざ?とも思いましたが、こちらの島が愛媛県今治市になるのです。
船を渡らないと愛媛の本体(というのか?)には行けないのに、ここに一部を忘れられてしまっているような・・・・
もういっそ広島県でいいんじゃないの?とも思いますが、愛媛県とのこと。
折角だから、愛媛まで行こうよ!とのことで、行くことに。
後から思うと、相方さん、愛媛のB級グルメを探していたんじゃないかな(笑)
まんまと見つけることができ、食べたい!とすぐに入店していました。
お昼、全然お腹にたまらなかったそうです・・・・
私達もパンをいただき、一緒に店内で食べさせていただきました。
まるせきカフェ
ここ、ダニーも調べていました。
三が日で確実に営業されているようだったので、ここでご飯にしようかな、とも思っていたのです。
手作り感あふれるカフェで、自転車をおける台を用意されていたのでサイクリストも多く来店されるのでしょう。
地元の方々の憩いの場にもなってるようで、おばさま方が話に花を咲かせていました。
テーブル席と畳の席がありますが、絵本コーナーやちょっとしたおもちゃなどもあり、お子様連れのお客様もOKです。
ですが店内広くはないですので、他のお客様のご迷惑にならないようにお気をつけくださいませ。
そして運ばれてきました、焼き豚卵飯!
これ美味しかった~~~~!!
1口もらってみたらすごく美味しかったのです。
え、私も食べたい!でも1杯食べれるほどお腹は空いてなかったので諦めることに。
今度愛媛に行ったときに探してみようと思います。今治のタオル美術館も行ってみたかったし。
行きたいところリストは増えるばかりで減る傾向にありません。
どうしたものか(^^;)
さて、いい加減、帰路につきたいと思います。

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.