×

宮島散策2

1540732000785_image
宮島散策2 はコメントを受け付けていません。

宮島散策2

(つづき)
 
フェリー到着場近くの住宅街の歴史散策はこれくらいにして、次は海岸の方まで移動します。
 
旧陸軍道路を歩いて、包ヶ浦海岸まで行きますよ~
この包ヶ浦は、今でこそキャンプ施設や日帰りBBQなどができる場所として開かれていますが、終戦までは軍事施設があり、一般人は立ち入り不可だったとのこと。
道路が未だに「陸軍」道路と呼ばれているだけあり、ここを要塞として使っていた時期もあったようです。
少し調べてみると、その昔は大砲台があったり、今こそ塞がれてはいますが、防空壕も多くあったようです。
山そのものがご神体と言われ、それを傷つけないように民家を建てる配慮はあるのに、闘いには容赦なくそのご神体すらも使ってしまうのか・・・・と、悲しくなりました。
その当時に生活されていた方々も必死だったとは思いますが・・・
 
包ヶ浦海岸までの道は、山肌に沿うようなアップダウンのある道なので、あまり楽ではありません。
でも、道すがら、景色を楽しめますし、普段見かけない木の実を見つけたりで楽しむことができました。
行ってはみたい、でも歩くのは・・・・と、いう方には、メープルライナーというタクシーが走っているので、そちらを利用する方が簡単にアクセスできます。
帰路はタクシー利用だったのですが、あれだけ歩いた道がものの数分で宮島口に着いちゃうの!?と拍子抜けしてしまいました(笑
歩いている方はほとんどいないので、宮島の自然を満喫できるかとは思いますが、体力と相談の上でルートを決められてくださいね。
 
午後は包ヶ浦海岸で遊びました。
が、ここ、油断をするとケガをするので要注意です!!
苔?小さな貝?がびっしり貼りついた大きな石が多く、ちょっと他のことに気を取られていると、ツルっと滑ってしまいます。滑って痛いだけならまだしも(それでも十分心折れますが)貝が意外と凶器となり、ざっくりと手を切ってしまうこともあるのです。海水浴ができる海岸ではないのかしら?磯遊びは楽しめますが、できれば軍手、そしてサンダルか長靴持参が良さそうでした。
大きい岩から小さい岩からたくさんあって、その間にはたくさんのカニがいました。それを捕獲して観察するだけでも楽しかったですよー!
海によくあるワカメもたくさんでした。小学生男児は食べれるものと思っていて、持って帰ると!息巻いていましたが、我が家にはたくさん乾燥ワカメちゃんがおられるので諦めていただきました。
折角採ったのに!と最後まで言っていましたけどね・・・(^^;)食べるワカメがどうやって作られているか、見ることができれば納得してくれるのかなぁ。
 
そして帰路は、前途の通りメイプルライナーで宮島口までビューンと運んでいただきました。
このメイプルライナー、特に停留所はなく(発着所はちゃんと目印があるので分かります)区間内であれば、手を上げて乗せていただくことができます。これはすごく便利です。
・・・が!
あくまでお席があればの場合。今回、既に半分ほどお席が埋まっていて、ぎりぎりだったのですが、何とか乗せていただきました。
乗り切れない場合、次の便を待つか、歩くしかりません。あまり頻繁に出ている便ではないので、狙っていた便に乗れないと大変なことに・・・・
往路で体力を消耗してしまうと大変ですので、体力配分を考えながら歩かれてくださいね~
 
フェリー乗り場周辺まで戻り、商店街を少し散策してから帰路につきました。
16時台だったと思いますが、あまり混んでもおらず、席にも座ることができました。
この時間帯から宮島へ渡る方がが港に待たれていましたが、宿泊される方々なのかな~。いいな。一回泊まってみたいです。宿泊客だけの特権である、静寂のなかの厳島神社を見てみたいですね。
 
さて問題はこの後・・・・
宮島フェリー乗り場周辺はJRと広電の駅があり、とても混みあっています。
車で抜けるのも一苦労。どうせ車を発進させても動かないのであれば、この辺で時間をつぶすか・・・・と向かってみたお店がありました。

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.