×

このホステルができるまで19

1

このホステルができるまで19

こんにちは。THE EVERGREEN HOSTEL・オーナーのはづきです。当時を振り返りながら、このホステルができるまでを書いています。

 

■2016/1 -英会話クラブ

広島に引っ越してきたものの、全然友達がいない。友人の輪を広げないことには、そのうちスタッフのリクルートを始めても苦戦しそう….っていうか単純にけっこうさみしいぞ!?

 

「将来的にスタッフにつながりそうな人が集まるところってどこだろう。一緒に働きたいタイプの人ってどんな人だ。えーと…キーワードは「親しみやすいキャラ」「英語学習」「英会話」「旅行」だよなー、やっぱ。うーん、そういうのに興味があるような人ってどこ行けば知り合えるのかな~…」(全部独り言である)

 

そんな時インターネットで「英会話クラブ」なるものを発見した。全国各地にある組織らしいが、魅力的なのはとにかくリーズナブルに気軽に参加できるところ。なんと1回500円なのである。英会話スクールとか英会話カフェはとにかく高い。オンライン英会話もいいけど、結構始めるのはおっくうなものだ。

 

何を隠そう私はガリ勉タイプ。英語の読み書きはどちらかというと得意でテストでもいい点とっちゃうタイプなのだが、会話となるとめちゃくちゃダメなのである。単にトレーニング不足だとは思うが、とにかく会話にフォーカスし始めたのが遅かったので、ネイティブばっかりいるようなパーティーとか行くと、なんだか気後れしてオドオドして居心地悪くなっちゃうタイプなのであった。(そんな会話レベルでもホステルだけはなんとかなると信じて突き進んでいる…)

 

そんな私がとりあえず行ってみた「英会話クラブ」では、まさに老若男女さまざまな人が英語を話しており、すごく力がわいた。ものすごくレベルの高い人もいれば、本当にゼロから勉強を始めましたという人までいる。ネイティブじゃない同士でゆっくり話ができるのも、英会話ビギナーには嬉しかった。

 

ほぼ毎週日曜日行くようになり、サークル後のお茶タイムでもよく話すようになり、一気に交友関係が広がった。主婦の方から自営業の男性、単身赴任で飛ばされてきた人、学生、サラリーマン… ここで知り合った人たちの中には、単純に「えー、ホステルやるんだ面白そう!」というだけでなく、「私にできることがあったら、家も近いし手伝わせてね」と言ってくれる人がたくさんいる。(後日本当に来てくれる)ここまでの作業は基本的に1人だったので、これは本当に嬉しいことだった。何より地元の人に受け入れられるという安心感もあった。

(実際ホステルのスタッフ・YASUさんは英会話クラブのご縁だ。木材塗装を手伝ってくれたJUNさんも。)

IMG_3266

ある日のお茶会(といっても毎度白ワインを飲んでいるが…)で、いつも暖かく応援してくれるマダムに「ホントみなさんが興味持ってくれて、嬉しいです」と言ったら、「たまたま知り合った人が夢を実現しようとしているなんて、つい応援したい気持ちになるんだよ。はづきちゃんの夢は、いまやわたしたち(英会話クラブでよく顔を合わせるメンバー)みんなの夢になってるようなものよ。笑」と言ってくれたことがあった。これはつい涙が出るほど嬉しかった。

 

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.