×

姫路城潜入・前編

image (3)
姫路城潜入・前編 はコメントを受け付けていません。

姫路城潜入・前編

こんにちは。
ダニーです。
昨年のリベンジで、姫路城へ行ってきました。
image (3)
桜の時期にはちょっとだけ早かったのが残念でしたが、どうしても行ってみたかった姫路城へ初潜入してきました。
広島出発は7時台。
9時の開城には間に合うようにと向かいました。
昨年、午後に到着してみると、天守閣に入るまでの待ち時間が発生していたので
早い時間ならば大丈夫だろうと、安直に考えた結果です。
広島から姫路までは新幹線を利用しました。
次の目的地までの乗り継ぎを考え、姫路駅からは阪神電車を利用しました。
JRは改札を出て左手(姫路城口とは反対側)にロッカーが用意されていますが、山陽電車乗り場の近くにもロッカーがあります。
JR以外を利用しての移動を予定されているのでしたら、ロッカーの場所はお気をつけくださいね!
さて、荷物を預け、少し身軽になったところで姫路城へ向かいます。
ちょっと時間があったので、去年通った正面の通門口ではなく、少しまわって姫路美術館側から入ってみました。
目的としていたわけではありませんが、黒田官兵衛が指揮をして築いたと言われている石垣なども見ることができて良かったです。
とはいえ、早く城内に入ることばかり考えていましたので、あぁ、これがあの人の造った・・・・という印象程度だったのですが。
チケット売り場についたときは既に9時過ぎ。
並んだり、天守閣見学のための待ち時間は出ていませんでしたが、既に多くの人が入っていることに少し驚きました。
皆、考えることは同じのようです(笑)
慌ててチケットを購入して城の中に進みます。
因みに、城内はベビーカー持ち込み不可です。
置き場があることを知らなかったダニーは、畳んで持参しようとしていましたが止められました。
そして置き場は入口横にあるため、出口からはほんの少しですが離れます。
かつ、テントの後ろ姿しか見えませんので、お忘れ物には要注意!
ダニーは、しっかりと忘れました。とほほ。
お城は少し周りより高い場所にたっていますので、道は緩やかな登り坂。
その途中に狭間と呼ばれる、弓矢や鉄砲を撃つ穴があったりします。
unnamed
こちらからは敵を狙えるように広くなっていますが、塀の向こう側からは小さな穴しか空いているよに見えないです。
こうやって攻撃したのか・・・と想像をかきたてられます。
また、天守までの道中は門が低く狭くなっていたりして、駆け上がって来た敵が、この辺りで速度が落ちる設計になっているようです。
確かに観光客は多いですが、それほどの混雑でもなく、
何であんなに待ち時間が発生するのだろう?と疑問に思いながら進んでいました。
きちんと現存しているお城はだいたいがそうだと思いますが
靴を脱いで中に入る必要があります。
ここもまだ大丈夫。スペースに余裕があります。
上へ上へと進むと・・・・
2階では桟のついた窓と、ここから投げ落とす石が置かれています。ここでもこうやって攻撃していんたのね・・・!
そして、
フロアーが上がるごとに面積が小さくなるため、入れる人が少なくなっていくのですね。合点。
階段も狭くて段差が高いので(場所によっては滑り止めや手すりなし)どうぞお気をつけください。
10kg超えの娘を抱っこして上り下りしたダニー、軽く筋肉痛になりましたよ(^^;)
フロアー途中であるにも関わらず、高齢者の方が諦めて出口に向かわれる場面にも遭遇しました。
どれだけ急な階段か想像に易いことと思います。
人がどんどん上がってくるので、最上階が一番混雑していました(午前10時頃の時点では、入場制限などはされていませんでした)
階段が急で、なかなか降りられないことも混雑の一因などだと思います。
また、多くの方が窓から外の景色を撮影しようと窓周辺に群がるので、景色を見るのには時間もかかりますし、その部分だけ人口密度が高くなります。
unnamed (1)
やっとの思いで景色をみて、撮影もして、混雑を避けようと降り始めるものの・・・
大混乱。
これは午後には入場制限になってもしかたないなぁ・・・と身をもって体験しました。
下り上り以上に神経を使うんですよね。
足を踏み外してしまったり、滑ってしまうと、下を歩いている方々を巻き込みながら落ちて行くことになるわけでして・・・
大惨事を免れることはできません。ダニーも慌てながら確実に一歩一歩降りていきました。10kg超えの負荷をつけて・・・・
大変でした。想像以上に大変でした。
見学をお考えの方、朝一番が絶対に良いです!そして、人が少ないうちが安心・安全です!!
誰かを怪我させてしまいかも・・・と思うと怖くて足がすくみました。
とはいえ、下りないと出れないので、進みましたけど。
階段を降り切ったときには、なんとも言えない達成感がありましたよ(笑)
天守を出て行くと、備前丸と呼ばれている場所のオープンスペースを通りすぎます。

こちらからのも景色も良かったのですが、やはり人を入れずに写真を撮るのは一苦労です。

ここを通り過ぎたところで、お菊さんの井戸の紹介があったような・・・・

(あのいちま~い、にぃま~い、・・・・やっぱり足りないのお菊さん)

ですがどこにあったのか分からなかったのです。

このこをと思い出しのは姫路から電車で移動し始めたときでした。

見たかったなぁ、残念。

***
THE EVERGREEN HOSTEL, Hiroshima JAPAN
Only 5 minutes walk from the world famous “Atomic Bomb Dome”

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.