×

芋づるフェスタ-1

5
芋づるフェスタ-1 はコメントを受け付けていません。

芋づるフェスタ-1

こんにちは。
ダニーです。
以前お話をしていた島根県は飯南町のさつまいもフェスティバルへ参加してきました。
登録すると、一年をかけてさつまいも作りに参加できる年間を通してのイベント
5月に苗植え
6-9月頃は草取り
9ー10月頃には収穫
11月にお祭り
と、長期にわたって関わることができます。
※お祭りの参加は自由です。特に優遇などもありません。
幼少期ってさつまいも堀りって鉄板イベントのような気がするのですが、大人になるとなかなかない!
ダニーも芋ほりしたいよー!!という大人のワガママに加え
何よりもここのブランド「森の絹」がとにかく美味しいことが、参加の決め手となりました。
ねっとりと甘くて、いくつでも食べれてしまいます。
今回のお祭りでも試食をご用意くださっていましたが、子どもがもらってくる度に1口もらってました(笑)
※基本お一人様1本とされていますが、お子様には喜んで配布してくださっていました。
広島県との県境・・・といっても、高速と下道利用で1時間半程度の距離なので、近くはないのですけどね(^^;)
いいんです!
澄んだ空気すって、土に触れて、やりたいようにやらせてもらえるこの環境!!
草の抜き方、芋の掘り方などはレクチャーいただけますが、あとは作物を傷めさえしなければ、特に何かを言われることはありません。
というか、世話人の方も一緒に作業に入ったり、少しその場を離れたりするので、こちらの行動を一挙手一投足見ていられないこともあるのでしょうけれど。
そして個人的な理由なのですが、息子氏が体験できなかったことを体験させてあげたいなぁとの思いからの参加でした。
大きなさつまいもを育てるには、やはり土が大切なようで。
息子氏のお世話になった幼稚園では毎年作ってはいたものの、小さかったり細かったり、3年間で大きなさつまいもにお目にかかったことはなかったと記憶しています。
本人は大して気にしてないようですが、貧乏性のダニーは残念だったなぁ・・・という思いがすごくありまして。
だからこの機会に、大きなさつまいもを抜く大変さとか、ツルがどれだけ伸びているのかとか、見てもらおうと思っているのです。
実際作業に入ると・・・・近くを走り回ったり、の作業の道具を必要以上に使いたがったり、虫をとったりしていて、思った以上に作業しませんでしたが(^^;)
さて、そんなこんなで結局3回ほど通った芋作り。
とても楽しませていただきました。
そのフェスティバル!!
楽しくないわけがない!!
と、ものすごい期待してお伺いしたのですが・・・・
結果としては、いつもの作業の方がたっぷり土と芋と戯れることができるな、と思いました。
芋堀り無料体験となっていたので、広大な土地を好きに掘れると勘違いしていたのですが、主催側でほとんで掘っておられたようで(時期的にも収穫時期ですしね)
このフェスティバルの体験には1畝が残されているだけとのことでした。
そして1株/300円での参加になるようでした。
収穫したお芋は午後から始まる大きな焚火で焼いて食べれるようでしたが、1株だけだと2畝を母子で掘った我が家には物足りなくなると思い、今回は作業を見送ることにしたのです。
残念でしたけれど・・・
焼き芋まで堪能する気でいたので、それがなくなるとなると、次にするのはもちろん!腹ごしらえ。
トマトのホットサンド?だったかな・・・
トマトをチーズで挟み、揚げたものがすごく美味しかったです。
しかも使っているのが、まだ青いトマト!熟してしまうと水分が多くなってしまい、揚げることが難しくなることから青いトマトを使ったのだとか。
確かに普段食しているものに比べると瑞々しくはなかったけれど、チーズとトマトという最強の組み合わせはやはりとても美味しかったです。
すごいなぁ、この発想。
そしてトマトは青いままでもチーズに合うということが、個人的にびっくりでした。
アッと言う間に食べてしまい、写真なし・・・・
他に食べた、豚まんの写真↑

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.