×

紅葉求めて湯来ドライブ-1

image (5)
紅葉求めて湯来ドライブ-1 はコメントを受け付けていません。

紅葉求めて湯来ドライブ-1

こんにちは。
ダニーです。
*
信州産の母が広島に遊びに来ていました。
ダニーが思っている以上に、旅行であちこち行っていた母。
宮島は当然、錦帯橋や出雲大社までも行ったことがあると却下され、どうしよう・・・と途方にくれていると、母から三段峡を提案されました。
紅葉を見たいと。
*
ですがですが、
既に紅葉は市内に移ってきていて、宮島ですらぎりぎり見れるかな・・・といった状況。
長距離走ってダメでしたとなると、自分の疲労も倍になると思ったので、違う場所へ向かわせてもらいました。
*
向かった先は、湯来。
もしかしたらちょっと見れるかもしれない紅葉と、
湯来ロッジで見れる神楽と温泉に向かったのでした。
*
湯来ロッジに到着したのは10時過ぎ。
地場野菜が好きな母、早速物色をしてレモンを買っていました。
地場野菜の他、他県(熊本)のお野菜もお取り扱いされていました。ものすごく安い!というわけではありませんが、新鮮でした。
地元の方は、中身がたっぷり詰まっている白菜を大人買いされてましたよ。
すごいなー。家にどれだけ大きな冷蔵庫があるのだろうと思いながら、眺めていました。
*
さて、ロッジ内に移動です。
*
夏に水遊びに来て以来です。
緑が元気に覆っていた夏から数か月・・・・ここで既に紅葉は諦めました。
既に木々は裸になっていて、葉がかさかさと遊歩道に落ちていました。ちょっとでも見れればよかったのだけれど・・・・
*
ということで、本日のメインを神楽と温泉に切り替えです。
*
まずはチケット確保!チケットは湯来ロッジの受付で購入できます。
が、お時間が11時から。
とはいえ、11時ちょうど位に購入したとき、既に番号が40を超えていたので、もっと前から購入できる模様です(笑)
会場は2階になります。
びっくりしたのが、10時くらいから席どりの方々がおられたこと。
皆さん大荷物を並べて離れておられました。
中の状態がどうなっているのか分かりかねたため、ダニーも車からレジャーシートやらひざ掛け毛布を持ってきて並べておきました。
*
この秋に初めて神楽を見ましたが、皆さま気合が違いますね。
ちょっと前にテレビから仕入れた情報によると、広島の神楽は石見銀山発祥の神楽のようです。
*
チケット購入から開場まで1時間。開演までは、そこからさらに1時間かかります。
長い・・・・長いよ。
後から後から人がやってくるので、ロビーには座る場所もなくなり、車の出し入れも大変そう。
ちょっと周辺をドライブしようかとも思ったのですが、駐車ができないと何にもならないと諦め、ロッジ裏手の川沿いの散歩に変更です。
寒い!けれど、空気が澄んでいるからか、水の綺麗さが際立っているように感じました。母も感動していました。
*
もう少し早いお時間から開始してもらえると、ありがたいのですが・・・・ランチとセットの商品を販売したホテル側と(湯来ロッジは宿泊可能です)準備が大変な楽団側のメリットが一致しているのでしょうね。
*
さて、お時間になり、いよいよ開場です。
舞台から近い場所はシートが惹かれており、半分から後ろは椅子が設置されていました。
慣れている方々、できるだけ前に向かい場所を取られておりました。座椅子持参で。なるほどー!これが玄人の鑑賞方法なのね!!
我が家は小さい人たちが騒いだときに退室しやすいよう、出入口付近の椅子に待機です。
*
入ってみると、多くの方は前方狙いのため、椅子狙いの場合はそんなに急がなくてもよい印象でした。
温泉後、12時50分くらいに戻ったときは、ほとんど座る場所がなかったので、12時半くらいまでに入れば大丈夫じゃないかなーといった印象です。
因みに、12時以降からは、チケットは会場入り口での購入になるようです。
*
場所を確保してようやく少し安心して、温泉へ向かいます。
湯来ロッジ

広島県広島市佐伯区湯来町大字多田2563−1

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.