×

松山旅行-後編

IMG_0511
松山旅行-後編 はコメントを受け付けていません。

松山旅行-後編

松山旅行-前編

松山旅行-中編

次は道後温泉本館へ向かいます。http://www.dogo.or.jp/pc/
IMG_0511
本当はお風呂にも入りたかったのですが・・・今回は母子旅故に入浴は諦めました。
ですが、私のように時間がない人のために内見のみのコースもあります。建物の雰囲気は楽しめますので、お時間ない方も是非入館されてみてください!!

中はお写真NGな場所が多い為、お写真がないのが残念です。建物は段差が多く、階段が細く急だったり、中階段があったりと、迷路のようでとても楽しかったです。これだけ入り組んでいるのであれば、本来見学すべき場所にもフラリと行ってもバレないのでは!?などと思いましたが、各お部屋というか、道に係の方が立たれていて案内(立ち入り制限)をされているのでそれはできません。

皇室の方々が使われたことのあるお部屋はとても豪華絢爛な造りとなっていました。が、日当たりがよくなかったので、私には寛ぐことができるお部屋には感じられませんでした。また、折角のお風呂やお部屋にも関わらず数十年使われていない場所も多くとても残念に思いました。まぁ・・・都(京都or東京)から松山は遠いですものね・・・・

トイレは昔のぼっとん便所なのですが、排せつ物は健康チェックに使われたとか。小学生男児、「そんなことできるの!?どうやるの?」と反応して、係のお兄さんを困らせていました(笑)

お部屋の欄間には道後温泉のシンボルである「湯玉」が描かれていて、係の方のTシャツや道後温泉利用者の浴衣にも描かれていました(2階のみの利用者/湯玉、3階利用者/シラサギ)これ、しじみじゃなかったんだ・・・

行きとは違う道で入口まで戻り、道後温泉本館を後にしました。

来年一月から保存修理が行われるそうです。工事期間中も通常通りの営業はされるとのことですが、できれば工事中にどこかが覆われてしまう前に再訪したいところです・・・
IMG_0521

次は新しくできた、椿の湯と飛鳥の湯へ行ってみました。椿の湯はリーズナブルに&時間を気にせずに利用することができます。飛鳥の湯は道後温泉本館同様、時間制限付きで利用場所によって価格が変わるようです。この2つは向かい合って建設されていて、中央の広場では小さな噴水のショーも時間米に行われていて観光客の目を楽しませてくれました。

商店街には、松山?道後?名物の坊ちゃん団子もずらり!しぼりたてのみかんジュースを使ったみかんビールや一六タルト、みかんおにぎりもありました。ダニーはみかんおにぎりにトライしましたよ。どんな味かとこわごわ食べてみましたが、甘酸っぱくて意外に食べれました。むしろ美味しい。すし飯もほのかに甘酸っぱいですものね。違和感を感じないはずです。
IMG_0549

お腹もいっぱいになったところで、いったん松山市駅まで戻りました。友人との待ち合わせ時間にはもう少し時間があったので、高島屋最上階にある観覧車にも乗ってきました。坊ちゃん電車乗車券で1回利用できちゃうんです!らっきー♪ちょど雨も上がり、雲も切れていたので松山市街地を一望することができました。坊ちゃん電車、お安くはありませんが、併せて観覧車も楽しめるのでオススメですよ!

その後はホテルに移動して、ホテル内の温泉を堪能し、ゆっくりとしました。
今回お世話になったホテルはこちら。http://yukai-r.jp/dogo-saichoraku/

温泉には必需品!?の卓球台はもちろんのこと、漫画喫茶並みの漫画冊数、ビリヤード台やクラシックミニスーパーファミコンまで設置してあり1泊といわず数白は楽しむことができそうなホテルでした。ご飯もとっても美味しかったですよ♪

IMG_0558

松山周辺はお城(松山城、湯築城、今治城)もひしめいていますので、ぜひ再訪したいエリアです!!
広島からはフェリーで渡ることもできるようです(ダニーは知らなかったので、自走でした)
http://www.ishizakikisen.co.jp/contents/timetable.shtml

フェリーを使うと意外に早くにつくようです。海を楽しみながらの松山旅行も素敵ですね。
四国旅行、行かれてみてくださいね~!

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.