×

【観光】知る人ぞ知る!神楽温泉湯治村

DSC02630-min

【観光】知る人ぞ知る!神楽温泉湯治村

こんにちは。THE EVERGREEN HOSTEL・オーナーのはづきです。
今回も後輩のゆかちゃんにお願いして車を運転してもらいました♡(せっかく広島に来て免許を取ったのに、それから一度しか自分で運転していない…)

※ゆかちゃんは私の大学時代の部活の後輩。全国転勤のある会社に勤めており、広島に赴任してからもう3年目。
「せっかく広島に住むことになったのなら中国地方のみどころを全部制覇してやる!!!」と、毎週末中国~四国エリアのいろいろなところに車を走らせ、ものすごくたくさんの名店を知っているツワモノリーマンである。ちなみに愛車はDemioちゃん。
DSC02630-min
DSC02629-min

今日の行先は結構マイナーなところ!
広島に住んでいる人ですら知らない人が結構いるみたいです。そういうコアなところに行ってみるの、大好き~~~ ドキドキドキ…

■神楽温泉湯治村
村ですよ!村!!!!まるで幼ない頃の日本に戻ったような懐かしい世界が広がります。いやいや、自分は都会生まれ都会育ちだから…って方も、Don’t think, FEEL!ということです。いいところですよ。

「湯治村」というからには温泉が…というわけで、天然ラドン温泉がメインの施設です。「湯治村」というからには宿も…というわけで、いくつか宿があります。山の幸を使った田舎料理の店や、格子づくりの家屋が軒を連ねる昔ながらの雰囲気が味わえるところです。

■見どころはやっぱり神楽!(かぐら)
夏期(4月から11月)には毎週金・土曜日に神楽を見る巨大ドームで夜神楽!毎週日曜日と祝祭日にも定期公演が行われます。冬期(12月から3月)には土曜日に夜神楽&日・祝祭日に昼神楽が行われます。

実は今回神楽をやっている時間に行けなかったので、別な方の動画で…また見に行くつもりです。

DSC02628-min

「初めてなのに、なつかしい」というキャッチコピーどおり、なんだかホッとする光景です。そんなに大きいところではないので、ゆっくり温泉につかったりご飯を食べたり、神楽を観たりしない場合は一瞬で終わってしまいます!笑
悠々と泳ぐコイが美しい。

DSC02625-min
しかしこんなに良く晴れているとどれもこれもイイ写真。

DSC02623-min
古い広告なんかもあってレトロです。


■神楽(かぐら)ってなに?

神楽は日本神話の神様にささげる歌や踊り。ジャパニーズミュージック&ダンス!

昔は神社の仕事を継ぐ神主(かんぬし)以外、神楽を演じることはできませんでしたが、今ではふつうの人も演じられるようになったようです。

広島県は神楽が盛んな地域。全国有数の神楽どころとして知られ、県内には300近い神楽団が活動しているとか!そういえば東京に住んでいた時は一度も見たことがなかった…近所の神社で能をやっているのは見かけたことがあるけど、それぐらい。広島に来て神楽を神社の祭りで見たときは、すごくびっくりしました。小さい子が最前列で主人公を応援して大盛り上がりしていたり、ものすごい数の住民が神楽を見にやってきていたから。特別な人だけに見られるのではなく、いろいろな年代の人から愛されているなあと思いました。

それもそのはず。ショー要素がたくさん!思ったよりハデ。火薬などをつかった派手な演出。わかりやすいストーリー。おそらく昔の神楽から大衆娯楽的なものに変容していったんだと思いますが…(このへんの詳細は湯治村の中にある資料館で知ることができます!)

DSC02632-min
神楽温泉湯治村にある神楽をやるドーム。なんと3,000人収容!!!どっひゃー!デカっ!ほ、ほんとに人で埋まったりするの?ねえねえ…と不安を隠しきれないゆかちゃんとわたし。5/28には大きな公演があるようなので、確かめなければなりません。ちなみに升席の前売り券はかなり高かったです!

DSC02635-min DSC02633-min

神楽!温泉!ニッポンの心!三拍子そろった場所なのでした。おすすめ。

 

施設
名称
神楽門前湯治村 (かぐらもんぜんとうじむら)
所在地
〒731-0612 安芸高田市 美土里町本郷4627
営業情報
営業時間
日帰入浴 10時00分から21時00分、宿泊利用 夜24時00分まで 朝6時00分から8時00分
定休日/休業日
無休
料金
入浴料:中学生以上700円、4才から小学生400円 (入村無料)
アクセス
アクセス方法
車:中国自動車道高田ICから約7分
高速バス:中国自動車道高速バス「美土里バス停」下車
「美土里バス停」より無料送迎あり…時刻等詳しくは直接お問い合わせ下さい。0826-54-0888
駐車場
有り
300台 無料 (大型バス可)

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.