×

このホステルができるまで26

1

このホステルができるまで26

こんにちは。THE EVERGREEN HOSTEL・オーナーのはづきです。このホステルができるまでを書いています。

 

■2016/4/11 -補助金申請の準備
H28 中小企業庁の創業補助金に申請してみるぞ!というわけで、その準備のために朝から一日費やした。

 

銀行説明のためにいろいろな資料を作りこんでいたからもっとラクだろうと思っていたものの、オープン日程が後ろにズレたため、もともと初年度に見込んでいた売上(をはじめすべての項目)をもう一度見直して全部修正しないといけない…意外と….大変…というか久しぶりだわ、こういう数字とにらめっこワーク。前の会社であれだけやっていたのに…3か月も空いたらパァです。頭が。
しかも数字だけではないのだ。「事業内容やストーリーを文章で表現させられる」。しかもかなりたくさん。まあ国のお金である補助金を一般ピーポーが受け取るには、誰もが納得する理由をシッカリ記すことが必要とされるのは至極当たり前である。普段から文章を書きなれていないとなかなか1日では終わらない量である。後で詳しく書くが、初めてTRYした感想としては補助金申請はスピード勝負である。

 

しかもしかも。補助金をはじめて申請するので、まずそのルールを理解するのがちょっぴり難しかった。..結論から言うと、もし採択されたとしても今回の工事金額や初期投資は補助金の対象にはならない!!!という衝撃の事実が判明した。商工会議所でアドバイスをうかがっていたところ、判明した。採択が分かるのは7月以降なのだが、補助金でますよ~というOKをいただいた後に発生する費用が対象なのだ。カガーン!と思ったのもつかの間。今回の工事金額はNGでも、7月以降もそれなりに費用はかさむ。月々の。だからそれらを対象として申請すればいいのである。ほほー…
※まだ採択されるかは不明です(倍率はかなり高い)

 

ちなみにこの補助金に申請するためには、各自治体で設けている窓口において「特定創業支援事業であることの確認書類」とかいうかんじの書類が1枚必要になる。広島市の場合は商工会議所であった。ともかく、一人で資料作れば申請できる!というものではなく、最低1度はプロと面談しいろいろチェックしてもらわないと、補助金に申請できない仕組みになっている。商工会議所もいろいろ決裁が必要。その場で作ってもらうことは難しい。待機時間も含めると、補助金申請はおよそ3週間しかない。自分は19日にもういちど商工会議所に受け取りに行くことになった。
毎年だいたい申請期間が4/1~4/25前後ということなので、創業を考えている人はぜひチェックされたし。結構忙しいので早めのチェックが肝要。補助金申請はスピード勝負である。

 

とりあえず数字と文章が固まった。あとは商工会議所からもらう予定の確認書類と、住民票、本紙に添付する自由記述の補助資料。これがあれば申請ができる。もう一歩!
■2016/4/14 -区役所の正式OKがでた
区役所の書面による正式OKが出た。………..既存建物の。自分のテナント分の完了手続きはビル全体の是正工事と自分のところの工事が完了した後~~!おそいよおおお…と嘆いても区役所はこれ以上なにもできない。

とにかくこの手続き関係は一応いま順調に進んでいるので、次は自分たちの部分の着工に向け着々と進めることだ。

 

■2016/4/19 -覚書締結・敷金・補助金申請
今日はとにかく盛りだくさんの日だった。

まず朝イチで中区役所にGOした。チャリ爆走。住民票をGET。ついでに印鑑証明書もGETしておく。(というのも来月ぐらいに降りる予定の融資の契約書に押印する際、この印鑑証明書が必要となる予定。なので今回まとめてとっといた)

次に不動産会社へGO。N部長~おはようございます~~。
「家賃起算日は6月1日になったから。ほい、これ覚書。サインよろしく。」

先日締結してある賃貸借契約書には書いてなかった家賃起算日の具体的な記述がある。特に保証人の欄はないので自分のサイン・押印だけでOK。2部その場でサイン・押印。

N部長「あとは敷金さえ差し入れてもらえれば着工できるから。」 ※敷金は百万超える大金です
はづき「この足で銀行行ってきますんで、予定通り来週25日から着工します。よろしくお願いします。」

そのままチャリをこいで銀行で大金を振り込んできた。ふう。ドキドキするぜ…通帳の残額的にも…
あ~ 早く融資のお金受け取りたいな~~~  でもそのためには①賃貸借契約書②用途変更の完了書類 の2点が必要。まだ②は用意できないので融資の実行もできない。大きな額の買い物は、多分もう寝具ぐらいだけど…なんだか心もとない。

じつはここの銀行にお勤めのマダムJは、英会話クラブの友人でもある。(年齢自体は離れているけど、わたしは友人かつ人生のパイセンだと思っている) 彼女は本当にいつも嬉しい言葉をくれるのだが、今日もあった。「これからまだいろいろ準備で大変ね。でもはづきちゃんはとっても楽しそう。ほんとに!」。心から応援しているわよ、という気持ちが伝わる嬉しい笑顔だった。

実際ものすごく楽しい。
口ではよく「あ~疲れた~」「あ~肩凝った~」とか言っているが、実際まだニヤニヤしているし、最近いくらでも働けるんじゃないかと思うぐらいだ。ただ、予約が入るかどうかそれだけはかなり不安である。OPENだけに心を注いでいてはいけないのだ。それより後のことを考えないといけない。シフトのこと、日々の掃除のこと、プロモーションのこと…..

 

銀行のあとはそのまま商工会議所へ。例の書類を受け取り、その足でオフィス24というKINKO’sみたいなところに行く。まだプリンターとかスキャナーとかがないので、自力でPDF化ができないのだ…早く買わなきゃ。

 

これですべての書類がちゃんとそろい、実際にH28中小企業庁の創業補助金申請作業は終わった。~完~
あとは受かるのを祈るだけだ。

帰ってからブログを書いたり、写真の整理をしたり、HP修正の確認をしたり…etc ちまちまして今に至る。目がシパシパするからさすがにもうやめよ。

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.