×

このホステルができるまで3

1

このホステルができるまで3

こんにちは。THE EVERGREEN HOSTEL・オーナーのはづきです。当時書き溜めていたものをベースに、このホステルができるまでを書いています。

 

■2015/7月某日 -名刺を作った

初めて個人の名刺を作った。会社の肩書もなんにもなしの、名前+電話+メールのみのシンプルなもの。
「いずれはぜひホステルの住所とかロゴとか住所とか、入るのかな。」なんて思いながら印刷屋さんを後にした。

 

ちなみに初回の名刺を作ったのはココ。安くて早くてよかった!
名刺専門店ケイワンプリント新宿
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-2-6 西新宿K-1ビル6F
http://www.k-1-print.jp/

 

■2015/7/15 -物件探しをはじめた

物件探しSTART。名刺と、物件募集の概要をわかりやすくまとめたA4ビラを準備し、いざ不動産屋めぐり。
商売の概要、規模、出店希望エリア、自分が払える家賃レンジ…

 

10軒ほど地元の不動産屋を中心に回る。こういう市内の移動で一番楽なのはチャリ!
余談だが観光に来た人にも市内移動は小回りの利くチャリが一番便利だよと言いたい。(市のサイクルステーションでも借りられる)

 

さて物件募集についての不動産屋さんたちの反応だが、まあ真面目に取り合ってもらえない。
ただこれは予想の範囲内。物件仕込みフェーズが何よりも大変でした、と先人の方々のブログで拝読したことがあるから。数年がかりでやっと見つけたというおっしゃる人もいるし、本当にそうなんだと思う。

 

さて、どうして物件を見つけるのは困難を極めるのだろう。自分なりに理由を考察してみた。

 

①まちの不動産屋さんは圧倒的に住宅の紹介が多い。
=そもそも「店舗をかまえたい」という目的の時点で熱心に聞いてもらえないことが多い!
住居、事務所ばかり ということはそもそもの建物の用途が「店舗」でないということは、電気容量とか設備スペックがまず不安だ。また用途変更とか、その後のいろいろな手続きが大変そうだし、住宅ばかりを取り扱っている不動産屋さんだとそういう手続きに慣れておらず、お互いに苦労しそうだなあという印象。

②ホステル業態に馴染みがなく、イメージを持っていただきにくい!
=ゲストハウスとかホステルといってすぐに話の通じる方が非常に少なかったです。ただ中高年の方には「ああ、ユースホステルみたいなやつね」とわかってくれる方もいます。あとは色々話題に事欠かない「民泊」と同じものに捉えられてしまい、「ああいうのはオーナーが嫌がるから駄目だね」というような対応で会話が終了してしまうことも…

 

そんなこんなで物件探しの長旅を、とりあえず始めた。ほんとに見つかるのか…?

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.