×

ひろしんビックウェーブで滑ろう!【広島でスケート】

IMG_20200202_154849_700
ひろしんビックウェーブで滑ろう!【広島でスケート】 はコメントを受け付けていません。

ひろしんビックウェーブで滑ろう!【広島でスケート】

こんにちは。オーナーのはづきです。
行ってきましたアイススケート!ひろしんビックウェーブ(総合屋内プール)!夏期は50mプールですが、冬期はアイススケート場になります。

場所はアムストラムライン牛田駅を出てすぐです。公園やグラウンドもあり何でも遊べます。

●ホステルからはどうやって行く?

紙屋町の交差点まで歩きましょう。10分弱。そこに県庁前という駅があるので、アストラムラインに乗ります。4駅乗り牛田駅に着いたらすぐ目の前がひろしんビックウェーブ(総合屋内プール)です!簡単!だいたい30分ですね。

歩いたら3キロジャストという感じです。

●システムと料金

スケートリンクの利用料 おとな 1,580円、こども 940円
スケート靴のレンタル料 1足300円で貸し出し。

とにかくまず受付の券売機で券を購入しないことにははじまりません。
IMG_20200202_141455

幼児(未就学児)と見学者は無料です。
この値段って高いのかな~、普通なのかな~とスケートリンクの相場がわからなかったのですが、ワンダーリンク THE OUTLETS HIROSHIMA では大人は1,200円ということです。すこし割安かな?でも時間制限があるのがミソ。【平日】120分制 【土日祝】60分制 ということで、土日60分は準備時間や氷になれる時間を考えるとさすがに短すぎるかなと思います。

IMG_20200202_141435 IMG_20200202_141429

さて、左の写真は貸し靴の券売機。そして右の写真は手袋を忘れた人のために手袋の自動販売機があります。手袋がないと滑れません!
IMG_20200202_141438

受付に買った券を出して進むと靴コーナーが!
IMG_20200202_141407
こちらで靴レンタル券を出して、自分のサイズを申告して、靴を借ります。自分のスケート靴を持参する人はもちろん借りなくてOK。(北海道在住時は自分のスケート靴みんな持ってましたね。なんといっても体育の授業が全部校庭でスケートなので!寒い土地ならではのスケート授業、楽しかったわあ。)
15cmから0.5cmきざみでサイズがありました。ちなみに幼児は二枚刃になっていて容易に歩けるようになっています。「まずはこれでやってみて怖がらなかったら1枚刃のやつに変えてみたらいいですよ~」と靴コーナーのおねえさんが言ってました。
IMG_20200202_154849_700

じゃーん。更衣室で履きました。フィギュアタイプの短い刃+くるぶしの上までしっかり固定される靴なのでとても滑りやすいです。初心者でもOK!いや~~久しぶりだわ!
(これもまた北海道時代の話なんですが、授業ではひたすらリンクをぐるぐる周らされるんです。自分が6年生(日本では小学校の最終学年)で転入したとき、なんとクラスの7割ぐらいの人がスピードスケートの靴を履いていて驚いた記憶があります。というのもスピードスケート靴は足首の保護がないため薄い刃の上にまっすぐ立つだけで本当に難しくてすぐ挫折した覚えがあるのです。)

日曜だったので、たくさん人がいました。スピード出しすぎは厳禁です。小さい子供からおじいちゃんまでいろんな人が思い思いにやってます。大人でも豪快に転んだりしていて、まったく初めてのひともかなりたくさんいます。ので生まれて初めてスケートをやるという人も全く問題なく楽しめます。というか、つるつるすべる氷の上でバランスを取ってるあいだは他の人の目が気になる余裕が生まれないと思います。笑

burst
たのしい~

しかし、上手な人はシニアおじいちゃんばかり。いったいどうして…なぜかテンガロンハットをかぶった全体的にウェスタンっぽい服装のおじさんが優雅にゆっくりスピンしていて、なんかシュールなその光景に目を奪われてしまいました。笑 それからいかつい靴を履いたにいさんがシューシューと滑らかに滑っていました。きっとあの靴はアイスホッケー用だと思います。アイスホッケー観戦、大学の時によくやりました。寒いけどエキサイティング!展開が早くて全然飽きません。

滑り始めてしばらくすると、暑くて暑くて汗が出てくる!明日の筋肉痛のことはさておき、すべりまくります。このスピードが楽しい!!!

主人はあまりスケートに慣れてないですが、それでも1時間も経つとずいぶん氷を滑る感覚に慣れます。2時間で3回ぐらいは転んだようです。「遠慮せずにドーンと全身で転んだほうがかえって痛くない」と言ってました。え~?と思いましたが、考えてみるとたしかに一部分だけを強打するよりは、お尻~ふとももなど全体的に使ったほうが衝撃が分散されるのかなと思います。いろんなところでいろんなひとが思いっきり転んでいたので、気にせずどんどん転びましょう。ヘルメット、サポーターなどは無料で借りることができ、リンクのそばに山ほど置いてあります。ドンウォーリー!

冬ならではの楽しい1日になりました。レッツスケート!

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading our blog.