×

三段峡紅葉狩り・前編

三段峡紅葉狩り・前編 はコメントを受け付けていません。

三段峡紅葉狩り・前編

Danny
こんにちは。ダニーです。
先日、三段峡へ行ってきました。
1-1
その存在は知っていましたが、なかなか行く機会がないままでした。
今回は、紅葉の時期にふと思い出したので、行ってみることにしました!
 
三段峡の最寄ICは戸河内になります。
以前はJRが走っていたので、三段峡駅まで行けていたようですが、今は昔の話。
三段峡の登山口前にその名残の線路や駅舎があったであろう場所に休憩場所ができていました。
普段は11月半ばまでのようでしたが、今年は温暖で紅葉が遅かったせいか、11月下旬でも十分に楽しむことができました。
三段峡の第一駐車場は登山口正面にありますが、観光客が集中する時期は、少し離れた第二駐車場まで使われるようです。
料金は第一駐車場が400円/日で第二駐車場が300円/日です。
離れる分第二駐車場の方がお安くはなりますが、三段峡散策で疲れた足腰にはつらいと思われます。
少し早めに出発して、第一駐車場を狙いましょう!
 
三段峡登山口は駐車場からまっすぐ行ったところにあります。
そこを下って橋を渡るともうすでに山の中!
ぎりぎりまで車でアクセスできる便利さがありがたいですね♪
 
一番奥から紅葉が下りてくるので、この正面口は三段峡の中では一番紅葉が遅い部分です。
一番ゆっくりと見に行っていい場所ですので、ちょっと遅いかも!?と思っても十分見ることができます。
諦めずにトライされてみてくださいね!
道は短くはありませんが、森の中を歩くだけでも、セラピー効果があるそうですよ♡
 
1-2とりあえず、黒淵までを目指します。
片道の目安は約50分!時間を考えると歩く前から疲れてしまうので、とにかく景色を楽しむことを心掛けて散策スタート!
この日はそこまで混雑もなく、自分のペースで歩くことができました。
一番混んでいるときは、列をなして進まないといけないらしく、風景を足を止めてみるのも気がひけるとか・・・
(道が細いので、往路と復路の人がそれぞれ列をなして歩いているだけで道幅いっぱいなのです)
我が家は幼児と老人連れだったので、マイペースに歩みを進めることができてよかったです。
 
そして道ですが、かなりアップダウンがあります!!
ですが、それが楽しい!!
横を流れる川も大きい石がごろごろしている風景、水の流れが急な風景、そして何よりも水の透明度の美しさ!!!
エメラルドグリーンの色の水と紅葉のコントラスのきれいさ・・・・!!
1-3道のでこぼこがあるからこそ、そこを超えての風景の美しさをより感じられると思います。
 
行けども行けどもなかなかつかないので、あれ?まだだっけ?え?何キロ歩いたっけ?となることも。
道中に休憩できる場所は多くはないので、ちょっと道のはじによけてお休みできるように、飲み物の持参はお忘れなく!
 
長い?距離をあるいてついにやってきました。黒淵!
山の中に突如として現れる大きな絶壁に、そうそうこれが見たかったの!とテンションもあがります。
黒淵から山小屋までは徒歩でも船でもアクセスできます(有料。片道と往復料金の設定があります)
船は2艘が相互運転しているので、待つことはありません。
 
川はとても澄んでいて、深さがあっても底まで見えます。
5分程度の短い船旅ですが、パンフレットなどに使われている風景を見ることができますので
乗船がおすすめです♪
1-4乗り場からすぐ山小屋があります。
オオサンショウウフォが飼われていて驚きました(笑)いいのかな?
飼うってより、住みつかれているって感じなのかしら。
ここは谷になるので、なかなか日が届かず10時過ぎにも関わらずかなりの寒さを感じました。
 
道中にはお手洗いがありませんので、ここで立ち寄りさせていただくのが良さそうです。
因みにお手洗いまではつり橋を渡っていきます。
このつり橋が・・・怖い!!
なぜなら、滑りやすいのです。
小さいお子様ですと、滑ってそのまま谷底まで転落してしまいそうな感じで・・・・
手をつないでいましたが、滑られて、重さでひっぱられ、自分も転びそうになりました。
危なかった・・・・
橋の表面が汗をかいて滑りやすくなっていることが多いので、お気を付けください。
 
お手洗いはとてもきれいでした!!
山中にあるので、いいとこバイオトイレだと思っていましたが、キレイな水洗トイレでした。
山もどんどん進化しているんですね・・・・!
山小屋は建物の中もびっくりするほど寒かったのですが、トイレは快適でした(^^)
来た道を戻りましょう。
次は車に乗り込み、水梨口を目指します。
***
THE EVERGREEN HOSTEL, Hiroshima JAPAN
Only 5 minutes walk from the world famous “Atomic Bomb Dome”
原爆ドーム徒歩5分のこぢんまりホステル・ゲストハウスです。

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.