×

ラサーナ工場見学

6-4
ラサーナ工場見学 はコメントを受け付けていません。

ラサーナ工場見学

Danny

こんにちは。
ダニーです。
 
先日、ラサーナの工場見学へ行ってきました。
6-1はい、ダニーの大好物の工場見学です(笑)
これもできれば夏休み中に行きたかったのですが
やっぱり人気で予約がとれず、平日に一人で行ってきました。
 
皆さまはラサーナの商品を見たことがあるでしょうか?
ドラッグストアでも取り扱いがありますし
サンプルをもらった覚えもあるので、街中などで配布されているのかもしれませんね。
 
ダニー、基本的には髪に何かつけるのって苦手なのですが
(何かあるとすぐに髪の毛触ってしまうんですよ。なので手がベタベタしてしまうことが気になってしまって・・・・
海藻を使っていると聞いたので、広島の海で取ってるのかしら?と気になって、行ってきました。
 
工場が西部新都工場となっていたので、なんとなくエディオンスタジアム周辺だろうと思っていたのです。
多分近くには近くなのですが、もう少しだけ市街地よりでした(山一つ分?)
我が家から行くと、戸山方面へ向かう途中の、トラックが多く出入りしている道を経由になりました。
いつも何でこんなにトラックが出入りしているんだろう?
道が細そうなのになぁと思っていましたが、少しいくとすぐに道が開けて、産業団地になっていました。
あっちにもこっちにも工場!
そして大型トラック!!
道は広くてまっすぐだから迷っても何とかなりそうでしたが、あちこちから出てくるトラックが怖い~~~
生憎我が家のナビは、産業団地周辺で案内を終了してしまったので、後は建物に書いてある企業名や商品名を必死に追っていました。
余裕だと思っていましたが、初めて着た場所なので、心臓ばくばく。
とにもかくにも、何と時間までにたどり着けてよかった・・・・
6-2笑顔が素敵な綺麗なお姉さんがガイドをしてくださいました。
化粧品を取り扱っている企業さんだから、美人さんが多いんだなぁ。
まずはラサーナを充填しているお部屋の見学です。
働いている方々は帽子、マスク、そして白着用。
ホコリなどが入らないように細心の注意を払っているとのことでした。
機械で充填されたあとに、隣のお部屋にコンベアで運ばれ、そこでボトルに不備がないかを確認のうえで
パッキングされていきます。
このお部屋と前の機械充填のお部屋は小さい窓口(コンベアで商品を流すため)で繋がっているのですが
気圧を変えていて、ホコリが流れ込まないようにされているとのこと。
なるほど・・・・!
 
その後はピッキングルームを拝見しました。
ここがシステム化されていて、すごかった!
籠に商品を入れて、各棚にいれてあり、注文書のバーコードを読み取ると注文されている商品の部分が光りどの商品をピックアップすればよいか分かるようになっていました
それらを箱につめ、最終確認の方に流し、パッキングされているようです。
これだと間違いが減らせそう・・・!
この数の場所を覚えるだけでも大変だろうけど、スピードも必要だからとても大変そうなお仕事でした。
 
そして次はパウチの充填室。
サンプルとして配布されるラサーナの試供品を作られている場所です。
山崎さんは、年間3000万包の試供品を生産されているとのこと。
顧客になるか分からない方々にそんなに配っているのか・・・
ここでも数人の方が機械操作や出来上がったパウチを梱包されたりしていました。
マンパワーも使うし、コストもかかるけれど、試供品配布に見合うメリットがあるんだろうなぁ。
 
因みに、ラサーナはじめ、ヤマサキさんの主要製品には海藻が使われているようですが
こちらはフランスはブルターニュ産の海藻だそうで。
広島界隈にも海はたくさんあるけれど、海藻は海外産でした。
日本の海にはないもなのでしょうね。
 
驚いたのは、こちらがアロマも作っているということ。
(西部新都工場では作っておりません)
無印良品さんや生活の木さんなどでの購入が簡単なので、それらのお店で購入することが多いのですが
ヤマサキさんでも作られていたとは・・・!
社長が並々ならぬ熱意をお持ちのようで、生産量が少なくてもアロマの生産は続けると決められているようです。
どうせなら、日本独自のヨモギとかドクダミとか(これは臭いから無理か)ヒノキとかも製造されればいいのになぁ。
(アロマ材料は海外に頼ることが多いため)6-3
 
最後に屋上庭園も見学させていただきました。
とても綺麗に整備されておられました。
折角なら、こちらでラベンダーとか育てて、アロマには使えないのかなあ~
 
見学終了後は、お楽しみWS!好みの香りでミストスプレーを自分で作ることができます♬
自分の好みの匂いを選んで、それを混ぜて出来上がり!
自分で作ったってだけでより特別感が感じられるのがありがたいです。
加えて、濡れた髪にスプレーして、ドライヤーをかけるものなので、べたつきが苦手なダニーにとっても使い勝手が良いものでした。
6-4
ここのWSルームは、お土産購入も可能です。市場よりも少しお得なお値段になっているとのことでした♡
6-5
所要は1時間程度。
少し早いですがランチに向かおうとしたものの、
場所が場所で、戸山に行くにも30分からかかってしまうので、
(そして狙っていた場所が定休日だったのもあって)
この日は諦めました。もうちょっとリサーチしてくれば良かった・・・・
 
公共の交通機関利用のお客様は、終了後(10時頃もしくは11時頃)にはちょうど良いバスがなく、
1~2時間程度待つことになるようです。
自家用車でない場合は、タクシーの利用や徒歩での移動もお考えておられる方がよいかもしれません。
 
アクセスは少々何ありですが・・・・
ご興味ある方、ぜひ行かれてみてください!
 
ヤマサキ西風新都工場
広島市安佐南区伴南2丁目5−19

THE EVERGREEN HOSTEL, Hiroshima JAPAN
Only 5 minutes walk from the world famous “Atomic Bomb Dome”
Facebook Instagram
★ホステルの中はこんな感じ★

 

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.