×

江田島ドライブ・後編

image (6)
江田島ドライブ・後編 はコメントを受け付けていません。

江田島ドライブ・後編

ネットで調べてみたところ、2018年に運営されていた牡蠣小屋は今年2019年は運営されていないようで・・・・
牡蠣小屋しかしか調べていなかったため、慌てて違う場所を探しました。
 **
相方さんが見つけてくれたのはこちら。
山岡水産
旧海軍兵学校周辺からは車で30分程度かかります。
 **
ですがこのドライブがまた楽しい!!
広島でも牡蠣の養殖の様子は見ましたが、こちらは数も規模もより大きく多く感じました。
そして、牡蠣をとられた後のおびただしい貝殻の数!!
貝殻は粉砕して畑の肥料などにも使われるようですね。
オリーブの木の下にもばらばらと置かれていました。
 **

さて、山岡水産さんですが、牡蠣小屋のようなメニューはありませんが、牡蠣を食べるならここで十分!!
そして牡蠣1つ1つがとても大きい!!
バケツ1杯を購入というスタイルではなく、1個/100円で好きなだけ食べることができます。
ですので、1人でふらっと入ることができるのもありがたいですね。
 **
因みに調味料は何もありません(笑
道中のスーパーまたはコンビニで何かしら購入をオススメします☆
 **
それにしても、こちらの牡蠣は大振りで美味しかったです!!
混んでいないのもありがたい。
たまたま入れたのですが、とてもオススメの場所です。
 **
そして今回は、他にあまりお客さんがおられなかったことから、牡蠣打ち体験もさせていただきました!

生の牡蠣を専用の道具を使ってむき身にする作業です。

 **

牡蠣の心臓を傷つけないよう貝柱をそっと殻から切り外す必要がありますが、牡蠣は一定の形状をしていないので牡蠣打ちは手の感覚だけで進めます。機械化できない繊細な作業ですので、実際体験してみて職人さんの技術の高さに驚かされました。

慣れれば1つ5秒程度よ、と指導くださった方はおっしゃられていましたが・・・大変な作業なのだと改めて感じました。牡蠣そのものの価値もありますが、この作業を考えると生ガキがお高くなることにも納得です。

お腹が満足したところで、相方さんが行きたがっていた、豆が島へ行きました。

大豆が入ったうどんが食べれるお店です。
大豆がうどんに入っているの?どんなうどんだよ!と思っていましたが、こちらではメジャーな食べ物のようでした。
ですが・・・おつゆがあまりダニー的には好みの味ではなかったかなぁ・・・・
お店が変われば味も変わるとは思いますが、豆うどんはもう十分かな~という気分でした。
 **
そして最後におやつを購入。
 **
ここのさつまいも菓子、とっても美味しかったです!!
てくてくのさつまいも本舗
https://www.go-etajima.net/satsumaimohonpo.html
保存料などを使っていないシンプルなお菓子でしたが、故にさつまいもの甘さが際立つというか。
濃厚でくどすぎず、どれだけでも食べれそう!!なお菓子でした。
江田島でとれたサツマイモを使用しているとのことですが、紅おとめや紅あずまだけでなく、安納芋なども栽培されているとのこと。
以前に島根でサツマイモを作ったときもその甘さに驚きましたが、寒さが甘みを増すわけではないのですね。
お菓子だけでなく、近くで安納芋が購入できるなら欲しいなー。
 **
今回も食い倒れしてしまったドライブでした(笑)
 **
牡蠣小屋で江田島周辺を紹介しているマップを拝見したところ、色々と海の生物を見ることもできそうです。
夏にはビーチコーミングに遊びに来れたらいいなーと思います。

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.