×

染と茶(前編)

IMG_7908
染と茶(前編) はコメントを受け付けていません。

染と茶(前編)

こんにちは。ダニーです。いちごが美味しい時期も終わりに近づいてきましたね。
昔はいちごの時期を心待ちにしていましたが、最近はいちじくがとにかく好きで、あまりいちごを熱望することはなくなりました。

ですがやっぱり旬の果物は美味しいもの。

加えて、インスタグラムでこんなものを見つけてしまったら、がぜん食べたくなるものです。
これは・・・・!もう行くしかありません!!

さて、こちらのパフェ、SNS投稿から火がつき、だんだんとありつくことが難しくなっているようですが、今年は完全予約制となっていました。

しかも、4月半ばまではいちごの供給も安定していたので、数日前の予約でもOKだったのですが、4/19以降は、当日の朝にいちごの数を見て、提供できるパフェの数が決まるとのこと。ですので、予約するには朝9時半に電話しないといけないのです。

このタイミングで知れたのも何かの縁。ぜひ食べてみたい!けれど・・・・お店のインスタグラムでも、「ランチタイムは数量を限定制限させていただいておりますので、売り切れるのがとても早いですm(__)m」の一文が・・・・電話予約に参戦して、確保することができるのか?総数はどれくらいなのか?何分くらいで売り切れてしまうのか?わからないことが多すぎて、最初から諦めモードといいますか、予約できたらラッキーだよね☆くらいの気持ちでいこう!ととりあえず参戦してみました。

9時半、1回目どきどきしながらコールです。これで繋がっちゃったら、すごくない!?なんて少しでも思っていた私はおばかちゃんでした。もう全然繋がりません。ダニーは携帯と固定電話と二刀流でしたが、それでも全く繋がらない。この後に用事もあったので、リミットは9時45分。これまでに繋がらなければ、完売だろうし諦めようと電話を続けること10分ほど。繋がりました~!!!

無事に2個確保していただき、来店時間をなんとなく確認される(注*時間に余裕がある場合は、時間をずらすことを進められるための確認ですので、お席を確保はしていただけません。来店順にご案内となります)場合によっては、駐車場がいっぱいなので、一回りしてからまた来てね~とのこと。・・・え?パフェを予約できても、今度は駐車スペースの問題が!?重ね重ね心労が耐えないお店です(ダニーが勝手に疲れているだけ)

とりあえずパフェは食べれることになりました!が、次なるハードルは駐車問題。スペースがあれば停められる。が、駐車場みたいな広くない場所で待機なんて、どこかにぶつけそうでイヤ。絶対にイヤ。(運転も駐車も苦手。自転車&徒歩最高にして最強!)前の用事をできるだけ早くに片付けて、お店に向かうことを一人で硬く誓うのでした。

さて、所要1時間程度と聞いていた用事が40分程度で終わり、11時過ぎにはお店につけそうな時間に移動を開始できたダニー家。安佐北区亀山って、どこらへん・・・?と、土地勘もないままに車を走らせます。お店までの道のりでは離合が難しそうな道がなかったことにひとまず安心。次は、駐車場にどれだけ入りやすいかにかかってきます。ナビが知らせるお店を見て、思い出しました。

ここ、知ってる!
IMG_7908

いや、前も通り過ぎただけなのですが。ガラス張りのお店で、人がすごく入っていたので、とても印象に残っていたのです。そっかぁ、「染と茶」さんってここだったのか。

11時10分頃はまだ駐車場も空きがありました。が、8割程度は埋まっており、3~4台程度空いているのみ。冷や冷やしましたが、とりあえず駐車さえできたらオッケーです!

お店に入ると、パフェの予約をしていること、食事をとるかとらないかをお伝えして、お席に案内していただきます。

お店は真ん中に厨房があり、その周りを囲むようにお席があります。幸い我が家はすぐに店員さんが入店に気が付いてくださいましたが、店員さんが気が付かず、お客さんが店員さんを探したりする場面も。オペレーションの連携が取りにくそうな間取りだなと思いました。

右側はソファー席があります。道路とは反対側はのどかな田園風景を眺められる窓側席も。気持ちよさそうでした。

ダニー家族をお席に通してくださったのは、年配の男性の方だったのですが、グランドシェフなのかな?最初は明るい柄のシャツを着ておられましたが、一旦厨房に入って戻ってくるとシェフコートを着てらっしゃいました。が、一組一組「いらっしゃい」「楽しんでいってね」とお声がけしてまわってくださる。そしてふっと外に視線を移すと、いつのまにか外から食材を取ってきている。仕事してくださーい!と言われないのかしら?家族とシェフだけど、厨房に入りっぱなしではないんだね~なんて笑いながら話していました(名物シェフ まさおさんだそうです)
後編へ

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.