×

宮島花火大会

2-3
宮島花火大会 はコメントを受け付けていません。

宮島花火大会

Danny

こんにちは。
ダニーです。
 
ちょっと前のことになりますが、宮島の花火大会に参加してきました。
去年は水害で中止。
来年はオリンピックで中止。
いつまで広島にいれるか分からないダニー家族にとって、どうしても挑まねばならない戦いだったのです。
 
本音では、面倒だなぁ・・・・でしたが(笑)
 
祭りは好きなんですが、逃げ場がない場所に突っ込むのはすごく嫌なんです。
だから地元信州の諏訪湖の花火大会も行ったことがありません。
前に行った、岩国のフレンドシップデーもあまり乗り気ではなかったことは書いてあると思いますが・・・
 
モチロン今回も相方さんの発案です。
しかも宮島SAの駐車場からでなく、本拠地に乗り込むという。

(宮島SAからも見れると聞いていたので、そのつもりだと思っていた)

本気ですかーーーー!?
 
何もない日でさえ、混んでいる宮島駅周辺。
イベントがあるたびに跳ね上がる駐車料金。にも拘わらず、ちっとも駐車スペースがない宮島。
それだけで疲れる自信があるし、嫌だ・・・・
なんだろう、歳を重ねるごとに、興味の方向がズレてきている気がしてなりません。
お互い季節行事や年に1回の特別イベントが好きなことには変わりないんですけど、激混み&予想できない待ち時間を
自分もしんどいし、子連れでなんて無理ゲーだと思うダニーと、以前と変わらずに行けるでしょ!と考える相方さん。
なんだかなぁ・・・・と思いつつも・・・・結果として、来年はないってことでお付き合いすることにしました。
当日はお昼ご飯を買って、いざ出陣。
移動手段は、迷いましたが車と電車の組み合わせです。
電車で少し移動した場所であれば、渋滞からも逃げれるかなーと思ったのですが・・・
皆さん考えることは一緒ですね。
 
五日駅周辺はいっぱいだったので、当初の予定よりも少しずれた、広電廿日市駅にしました。
市電の駅に近くのパーキングだったので、結果的に良かったのかも。
 
電車はかなり満員。
運転手さんからすぐに来るから、後続の電車も使ってねーと言われて、その通りまっていました。
どれもいっぱいだったから。
3本待ったら、かなり余裕がある電車がきました。
電車は増発しているので、少し待てばぎゅうぎゅうの中で乗らなくてすみますよー
 
で、電車の中で乗り合わせたカップルさん、各々が折り畳みの椅子を持っていたので花火鑑賞だと思うのですが・・・
宮島ではなく、広電阿品駅で下りられていました。
ここでも見れるのかも?
しかも島に渡らないで済むのであれば、渋滞も避けれるのかも?
駅も混んでいる感じではなかったので、知る人ぞ知る穴場なのかもしれません。
再来年があれば、こっちで見てみたいなぁ。
 
どれだけ混んでいるかとガクガクブルブルしていましたが、予想に反して駅~フェリー乗り場はあまり混んでいませんでした。
午前から場所とりしている方もいれば、時間ギリギリに島に渡る方もいるでしょうし、往路は時間がばらけているので
人混みが苦手な方もあまり苦にはならないかも・・・?
 
島につくと、海岸線っていうのでしょうか、岸の端はもうずら~~~~~~~~っと、人とレジャーシート。
何時からいるのだろう?(^^;)
 2-1
どうしようかとも思いましたが、アナウンスで水族館方面はまだ比較的余裕があるとアナウンスが繰り返されていたので(16時前)
そちらに流れることにしました。
 
いや~それにしてもすごい!
どこに行っても人・人・人!
宮島って、修学旅行生がいたり、いつもにぎわっている感じでしたが、更にすごい人でした。
 
そして鹿たちもいつもより(いつも通り?)アグレッシブ!
お弁当を広げている人の後ろに近づいて、ぱくっと食べちゃったり、レジャーシートの上に置いてある食べ物をもしゃもしゃしたりしてました。
鹿にとっては、ごちそういっぱいの素敵な日なのでしょうね。
あ、因みに、鹿は女性・子どもには攻撃的です。
男性にはそうでないとか。
自分より強そう、弱そうで判断していると聞きました(奈良公園で)
皆自分より弱いものには強くでるのか・・・弱肉強食、世の摂理なのですねぇ。
 
水族館近くの海岸は、アナウンスのとおりまだスペースがありました。
そしてこの時期は、花火が上がる時間に向かって干潮になっていくので、少しずつ水が引いて歩ける部分が増えていくのですね。
三脚&脚立持参の本気のアマチュア?カメラマンたちが、良い場所をとりあって、水が引くのよりも早いタイミングでじわじわじわじわと前進していく様が
失礼ですが面白かったです。
え?もうあんなところまで行ってるよ!
カメラ倒さないようにね・・・と祈ってました。
 
満潮にならないと水が満ちない部分はしっかり乾いていますが、
それ以外の場所は濡れています。
花火が始まってしまえば立ち見も全然ありですが(花火に感動していて、立っていることに疲れを感じない)
それまではレジャーシートが必須です。
持参されてない方々が新聞紙を使われたりしていましたが・・・・
ぬれたりして、大変そうでした。
 
そしてここでも心配なのが鹿。
人混みをかきわけて、ご飯目指して突進してきます(笑)
食い散らかして、飽きたら別の場所に移動してくれますが・・
鹿の目に触れさせないことが大事だと思いますので、どうぞお気をつけください。
 
さすがに3時間以上前に乗り込んだので、花火が始まるまではとにかく長い!
濡れてもよいサンダルかオサレな長ぐつ使用で、干潮になるタイミングを狙って鑑賞
これが、一番効率よくて、疲れないんじゃないかなーと思います。
 
花火終了後に、その場でちょっとおつまみ食べたり、お酒飲んだりして帰るのが良さそうです。
終了後に駅に行くと最低でも1時間は待つ感じでしたので・・・
最終便に間に合えばいいやー位に考えてゆっくりするのが良いかもですね。
 2-2
そして花火!
これはとても素晴らしかった・・・
高い山がないからなのか?
とてもよく見えます。
水中花火も海に反射してとても綺麗でした。
綺麗って陳腐な言葉しか出ませんが、とにかく、とても綺麗で空に大きく広がる模様が
美しかったです。
 
この時間のために、人はわざわざ人込みに突っ込むのですね・・・
好き好んで行くことはないと思っていましたが、
海、そして低い山の🎆大会はよく考えると自分の人生の中では見たことがなかったかも。
2-3これはいいな。
機会があれば、また見たいな。
 
帰りのフェリーも電車も激混みでしたが、
これはまだまだ可愛いのだとかw
今回は花火開始時間が例年よりも30分早いとかで、
そのせいで?帰りの時間もばらけたみたいだと市電の職員さんがおっしゃられていました。
いや・・・十分混んでますけど?
これでも「ましな方」なのか・・・・
 
次はカップルさんが降りた場所で見てみたいなー
文句垂れ流していましたが(^^;)結果的に行って本当に良かったです!!
また機会があれば行きたい!
 
宮島に渡ってみる場合は
〇座ってみたいなら午前から
〇立ってても良いのであれば、開始時間ぎりぎりに行って、干潮の海に降り立つ
が良いと思います。
 
是非行かれてみてくださいねー!!

THE EVERGREEN HOSTEL, Hiroshima JAPAN
Only 5 minutes walk from the world famous “Atomic Bomb Dome”
Facebook Instagram
★ホステルの中はこんな感じ★

 

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.