×

おりづるタワー訪問記 前編

P_20180216_105624
おりづるタワー訪問記 前編 はコメントを受け付けていません。

おりづるタワー訪問記 前編

こんにちは。

ダニーです。
少し前ですが、キャンペーンでお安くなったタイミングで、おりづるタワーへ行ってきました。

※ダニーが利用したキャンペーンは既に終了しています。が、季節毎に何かしらキャンペーンがありますので、サイトをご確認ください。

おりづるタワー引っ越してきた時から気にはなっていました。
そして興味もあったのですが、ダニー的には・・・・お高い!それに閉館時間、早くない・・・!?

だって大人1名1700円って・・・・観光客向けの値段なんでしょうか?

日本一高いアベノハルカスですら2000円。

スカイツリーは上にレストランなどもありますし、東京の夜景を見ることを考えたり、地価を考えると3000円もしょうがないか・・・と思える範囲。

ですが、広島のさほど高くない展望台に1700円!じゃあ、別にいいか~・・・・と、思って遠慮してしまっていたのです。
今回のキャンペーンでは、少しだけでもお安くなるということで、じゃあ行ってみようか・・・と、興味本位で行ってみたわけです。申し訳ないですが、全く期待してませんでしたし、ブログのネタにご紹介できればいいな~程度の気持ちでした。
ところが!

思いのほか楽しかった!そして、平和について考えることができたのです。
こちら、観光客はもちろんのこと、お子様連れのご家族も楽しめると思います!

(知人は年パスを買おうとしてますよ。流石にそこまでではないだろう!?と思ってます^^;)

P_20180216_112824
まずは1階。こちらはお土産コーナーです。個人的には、枡や酒蔵の前掛けなどが販売されているのがツボでした。枡ってお正月や節分にちょっと飾りたくなるんですよね。でも100均のものだとやっぱり風格がでないというか・・・これは今度買うことにしましょう。
同じフロアにはカフェも入っています。道を挟んですぐ原爆ドームになるので、一休みをするのにちょうどよさそうですね。そのままタワーを登られる方も多いのだと思います。
さて、チケットを購入です。
チケットは自販機で購入ができます。近くに案内のお姉さんがいるので、買い方も教えていただけます。ですが、必要以上に人員が配置されているような気がしました。混雑時には必要なのかしら・・・・でも、空いているときって、一挙手一投足が見られているようで変な緊張を覚えます。
チケットにはバーコードがついており、ゲートにかざして入ります。ここでも案内のお姉さん。そこで、最上階の希望の丘まで徒歩で上がるか、エレベーターで上がるかの選択を迫られます。え?歩くなんて方法もあるのね。そういえば東京タワーも階段コースがあったっけ。なんて全然関係ないことを思いながら、一瞬だけ迷って、もちろんエレベーターを選択。その日は負荷(10kgになる赤子を抱っこ)があったことと、展望室から歩いて降りてくることができると聞いたので、上り:エレベーター、下り:徒歩を選択したのでした。
エレベーターに乗って、最上階へ向かいます。

P_20180216_112551
14階程度なので、高層タワー特有の耳がキーンがありません。そしてアッと言う間に到着です。エレベーターのドアが開くと目の前はコーヒーショップ。飲食はOKのようです。
そして展望デッキへ進むと・・・・
窓がないっ
シースルーなのですよ(メッシュ状の網で覆われている)高所恐怖症の方には怖いかもですね。そして風がビュービューと吹くので、冬季はとても寒いと思われます。これじゃあ益々採算がとれないのでは・・・・と、余計な心配が、景色を楽しむよりも先にきました。

P_20180216_105747
とりあえず、ぐるっと回ってみようと端から端まで歩いてみます。展望デッキは平らではなく丘陵がある作りになっています。なるほど、だから「ひろしまの丘」なのか、と納得です。丘と銘打ってるだけあって、ヒノキを使用したウッドデッキは、華美な装飾をせずとも美しさを伝えてくれる場所になっていました。

P_20180216_105704
こちらにもアテンドの方がおられて、とても丁寧に説明くださります。

原爆ドームを上から眺めることができるのはここだけで、とても貴重なのだとか。

P_20180216_105624

確かに、このアングルからのお写真って見たことないよなぁ・・・。景色を楽しむ=高い場所からより遠くを見渡すばかりではないのだと、少し考えが変わりました。

Author

THE EVERGREEN HOSTELのオーナー・はづきです。 The owner of THE EVERGREEN HOSTEL.Thank you for reading my blog.